2020年、グローバルコミュニティーはコロナ新型肺炎(COVID-19)と戦いました。それは、ウイルスの蔓延を食い止めるための世界規模の協調した努力の中で、人々、企業、経済の日常生活に大きな混乱をもたらしました。

困難な状況の中で、Cityneonとその子会社であるAnimax DesignsとCNeXは、必要な医療機器の急増する需要を軽減するための全国的および州全体の取り組みに貢献する役割を果たしました。

Animax Designは自社の生産ラインを再利用し、3Dプリンターとモールドを使用してフェイスシールドを作成しました。一方、同社のコスチュームデザイン部門はハンドステッチフェイスマスクを作成しました。Animaxは、より子供達の聴衆に応えるためにさらに一歩進んだ行動をとりました。 子供向けの小さなフェイスマスクを縫い合わせ、子ども向けのテレビ番組であるニュージーランドのPukeko Picturesと共同でフェイスマスクを寄付しました。 ショーの子供たちはAnimaxのチームが縫い合わせたマスクを着用し、テレビ番組を通じて子供達に個人の衛生の重要性のメッセージを広めました。

CNeXは集結された企業の一部として活動し、シンガポール政府と共にシンガポールエキスポコンベンションセンターと展示ホールを隔離ゾーンと検疫ゾーンに改造しました。

ここをクリックして、アニマックスデザインがパンダミックに闘うため奮闘している事に関しテネシー州ニュースのインタビューをご覧ください: Animax Designsのインタビュー